スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京フェスタ結果

コミケで限定販売されたLOEがフェスタで使えるというせいで、環境がLOEを持っていないと辛い状態
コミケ初日に売り切れて2日目に買えなかった私
使うデッキは、月日t宙テンノサカヅキプラネタリウムか、花月雪エノセラバーンのどちらか悩んでいたところ、最初はプラネタバーン使うつもりだったが、エノセラバーン使うと言っていたアスカさんが、日花で出ると言ったので、私はエノセラバーンで出ました

1回戦 対 月単○
相手はAFにキャラを出さずに終わったのか
いや繭(AP0)だけは出たか
どういうデッキなのかイマイチわからなかった
知った人ではあったのとコミュニケーションのエラッタは知っている分現役であることはわかった

2回戦 対 ゆずソフト単○
射撃というチートイベントを3回打たれてギミックがなかなか決まらない
こちらは紗音たちの盤面で極力打点は抑えてはいるがそれでも防戦一方だった
その代わり相手もドローしまくっていてデッキが減ってきているので差はそこまでついていない
最後デッキ2枚のところで、ドローしたカードが花のカードなら勝利というところで、賈駆・詠で相手の薙刀をリムーブして御影このかをドロー
治療ビームでサクラ貝を回収してバーン体勢に、勝利

3回戦 対 宙花君ある主従○
お互いキーカードが引けず、遅いプレイ
こちらもジュリアンのスイートウォーター宣言ハンド切って切ったハンドを鈴緒で回収、鈴緒エスケープシールド回収を繰り返して、ハンドだけは貯め続ける
そこで相手がユメドリームを出してきて、上杉錬も出てきて動き始める
こちらもドローで記憶喪失の少女を引いてきて、バーン体勢に
相手懸命も握っているがそれでも自分が与えるダメージよりバーンの方が遥かに大きくもう無理と悟ったのか投了
初めてキツネさんと戦えたんだが、その時は誰かわからなかったんだよなあ

4回戦 対 日花○
生放送卓、晒しプレイという
そして対戦相手がロリさんという名古屋勢身内の潰し合いでした
相手が盛大に事故からスタート、袁術エンドというオチ
こちらもそこまでハンドは良くなかったが、相手よりかはましだった
結局その袁術は一度も基本能力を消すことなくダウンしていくというオチ
ただ生放送卓ということでおかしいテンションになって、プレミを連発
しかも試合中に気づくというノリ
やはり普通のイベント宣言した後の記憶喪失の少女は結構しゃべり忘れる
ただこちらの展開が遅くなるプレミはしたが、相手の展開を早くさせるプレミはしてないおかげで重症にはならなかったが
雛乃から華雄や琥珀にナナカマド貼って打点抑えられたのも大きかった
本当はたからもので打点抑えつつ戦うつもりだったが、焼却打たれたので、結構辛かった、一緒に魔法の箱も飛んでいったので・・・
最後新聞部の井上めくれて焦ったが、錯乱プログラムのように横に置くテキストじゃなかったため難を逃れそのままバーンで削りきった

5回戦 対 月花●
今回のフェスタ優勝のあるじさんとの対戦
前日までサクラ貝バーンと調整していたらしくかなりメタを張られていました
亜多良というピンポイントメタ4積みという素晴らしいメタっぷり
此芽という二大メタは筆談で対処したが、あの時相手が撫子喫茶打ってたら結果どうなってたんだろうか、計算上はそのまま筆談が決まるで良かったがどうなのかは微妙
ただ都合よくナナカマドと雛乃で押さえ込んでいましたが、パンツ禁断症状でちょうど一番上に魔法の箱が戻るという運の尽きで、神奈登場のドローで引かれ、死ぬ
絶望していて、ゴミ箱のたからものを打って打点軽減しつつ少なくともバーンするというプレイを忘れていたのは結構大きいと思った

6回戦 対 月日コントロール●
misakieさん、海水浴ゲムセの印象が強くて最近コントロール使ってるの忘れていた
そのせいでパーツ揃っていて、まず椋でデッキ見るところからスタートして、あーちゃん先輩、ネコナイトと落ちる、日花かなと勝手に見切り発進してぶっぱしたところ返しに桜守姫此芽
ここで月日だったことを思い出して焦る
ナナカマド引けばと思ったが、相手観鈴登場から比良賀で偵察ロックループ決められる
もちろんキーパーツは引けない、そのまま負け
元々misakieさんはいままでは此芽採用してなかったため、多分研究していても逆に空転芽衣が怖いのでぶっぱしてたでしょうね
できれば偵察ループ完成する前に、ぶっぱせず此芽筆談して、比良賀にナナカマド貼って、こっちは魔法の箱でも立てておけば、もしかしたらだった試合
とはいえキャラによるメタは空転があるから無理、素引きナナカマドだけですね
魔法の箱は最悪芽衣登場で箱の上からキャラどかされて無力化されますし
敗因は見切り発射これに尽きます

やはりプレイングが伴ってなかったものの、デッキパワーもあり
4勝2敗で10位という結果に終わりました

順位表 http://www.silverblitz.com/event/tms_viewer.cgi?tno=20130106
デッキレシピ http://www.silverblitz.com/event/tms_viewer_player.cgi?tno=20130106&no=000031

ちなみに空欄が初咲雛乃、エミ・アルフォーヌがフィアッカ・マルグリット、篝がポジティブワンです

コストフィルタのフィアッカ・マルグリットですが、今回当たらなかったから良かったものの、女子力がいると、ただでさえ基本能力が少ないデッキですから、最終進化による回収も兼ねて優先的に取り除かれるので、できるならば基本能力を持っていない雪EX2のコンバージョンにするのが吉でしょう
女子力は基本このデッキは出されにくいですが、可能性はゼロではないので
今ではプーチンなど基本能力を得られるキャラが増えてきているのでコストフィルタ一つにも考えなければいけない環境になったなと思いました

そして構築の方ですが、元素変換は出せれば強いのはあれなんですが、やはりジュリアンが強すぎるのが原因でジュリアンいない盤面には出さなかったことが多く、結果壁にしかなりませんでした
宙単など相手でフランチェスカなどがいる場合や突っ込みがある相手に限っては元素変換の方が強いですが、最終進化があると特に必要なかったというのが現状でした
当時は最終進化積まない型だったり赤い糸を採用していたので、重宝しましたが
まあいらなかったが本音でした

亜多良巫鳥や桜守姫此芽などや今回あたらなかったもののフランチェスカなど常時効果のキャラが辛く、ナナカマドと雛乃だけでいけると踏んでいましたが、魔法の箱という存在やアイテムメタや先張りなどが怖いため、ナナカマドだけに依存するのは良くないことが今回わかりました
なので配置を考えなければなりませんが、諸井霧江を積んでおけばという感想でした

後は王たちの饗宴の不採用
怖いかなかやAlcotの登場時サーチカード、ビッグマムのような押し切りに対するメタ
亜多良巫鳥などにも対抗でき、此芽やフランチェスカやエポナなどを1ターン遅れさせることもできます
意趣返しが本当は積みたいですが、花の色を薄くしたりEX下げるよりかという点やコミュニケーションやイメージチェンジのエラッタでパーミが減ったという点からこちらの方が良かったかなと思うところもありました
まあmisakieさんの日月空転あるので一概には言えませんが
後はワンチャンこちらも亜多良を積むというプレイングも不可能ではないことがわかりました、あいつ中央AFに出れますからね

バトラではパフェ貼られて、かなか出されただけで瞬殺されました
宙単や雪単に弱く、メタられると弱いので、環境トップにまではまだまだあがれない感じです
今回雪単がかなり多く、うち1人は壇上にあがっていたので
ただみなとそふと2.0はまだまだ強化の可能性も弱体化の可能性も残されていますので、新しい環境に期待です


私が壇上にあがれず、もう一人の方はバーンギミックがメインではなかったため、結果汁鰤側にそこまで脅威を取られなかったのと、それ以上にAlcot単に加え近々発売されるみなとそふと2.0に話題を取られるため、まだまだ現役でやっていけそうな感じがします
前のリストは非公開にしました、現状の方がまだ強いので・・・

以上最後までお読みいただきありがとうございました
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
主に名古屋で活動するリセラーのブログ。
以下書いている人たち
沙夜
アスカ
ナガラ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
訪問者数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。