スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GP1stin名古屋レポ

どもどもーミネットで勇者やってますあすかですー

今回は権利持ちで一応本選出たんですがね、事故のオンパレードでしてボロックソだったのでそちらの記事は問題点の修正というかその辺りをメインに書こうかと

というわけで先ずデッキレシピ

デッキレシピ

宙花グッディです

基本的にはリサが移動しながらグッディ誘発、殴って移動後にチュチュ、青子、アイン等のパンチャーが滑り込みパンチという流です

サポートとしてはあアンバーによる打点カット

対限築にパフェ、純白エプロン、スレッジハンマー、朝ごはんですかね


で、今回露呈してしまったというかまぁ、当たり前といっては当たり前なんですが

とにかく殴り手が重い
青子、アイン、うっかり侍はまだブーストがあるからいいものの一番の主軸のリサはブーストがあってないようなもの。しかもEX1

EXに関しては掃き所はあるのですがやはり何枚も一度に手札に来ると辛い

そしてグッディがあるないで相当な火力差が発生するという点
このデッキ、守りを捨ててとにかく殴りきる形になっているので相手の打点カットに関してはほぼ皆無です
つまり、常に相手よりも高い火力を維持しなければならないのでグッディを引けないだけでも相当な痛手を背負ってしまうのです

というわけで、事故ればそのまま負け直結なのですよ

というわけで改善案...と言いたかったのですがどうやらグッディーズにエラッタがかかるようなのでこのデッキは解体...

現状このデッキしかもってないので何か考えないといけませんねぇ


して、勇者の方に関しては現状ミネットが274人、まだまだ無限回収してるので使われずに寂しそうにしてるミネットが居たら俺のところにつれてきて!
スポンサーサイト

GPfinal併設フェスタレポというか騒動の中心の云々

さて、今回は深刻な事態になってしまいましたねぇ...

というのもワンキルを持ち込んだのですが実は成立しないという裁定を喰らい投了ドロップと



まぁ、その話は置いて先に今回現地で確認してきた裁定をいくつか挙げておきます

注意:この記事の内容に関してはあくまで当日の口頭でのやり取りによるものなので正確ではない可能性があります

まずは
変身コスプレくん
変身コスプレくん
このカード、処理段階でドローが入ります
さて、ここでこのドローで手札に加わったカードはコストとして支払えるのか?という疑問が出てきます

これに関しては
キャラの登場宣言に際し、まず前提条件としてそのキャラの登場宣言の使用代償が手札及び場から発生が「可能である」事が示されなければならない。
つまり、例を挙げて言うと

登場コストが月2コストのキャラの登場宣言時、残りの手札がコスプレくんのみで場からは他のコスト発生が不可能なとき、手札のコスプレくんを月2コストを満たすためのコストとして支払うことでキャラの登場コストを満たすことができます。

ここで、キャラの登場宣言に際し、コスプレくんをコスト発生としてではなくコスプレくんをそのテキスト処理の為に宣言した場合、他のコスト発生源は無くなります。しかし、手札に「変身コスプレくん」という登場コストを満たす手段が「本来は」存在した事でコスト支払いのタイミングは継続はされるようです。

ここでコスプレくんのドローで登場コストを満たすカードが引ければそれをコストとして支払うことで登場の解決が成立。引けなければ登場の解決が失敗する。

という挙動になるそうです。

これがもしこれより大きいコストのキャラなどの残り手札の枚数で登場できないことが明らかなキャラだと、そもそも支払いが不可能であり、登場宣言自体が不成立、本来不可能な行動として巻き戻しなりの状況になる様です。


次にノーコン
(画像は後程挿入するかも)

このカード、よく考えると相手のブロック宣言の間もなく行動済みになりバトル中断というのにも関わらずその後に「バトルを中断する」との記述。
これに関してはあまりよくは解らないのですが「一度バトルに入ってすぐ中断」という状況が発生するそうです。

自分の感覚では「相手のブロックの有無の指定を行った時点でバトルの処理が入る」と解釈していたのですが、これは「攻撃宣言(バトル参加キャラ指定)の時点でバトルが発生」という事か、あるいは「攻撃宣言をしてから、相手の対応宣言の有無の確認後、ブロックの宣言の前にバトルが発生」という事なのでしょうか?
どちらにしろ他のカードにおいて挙動がおかしなことになりそうなのですが。

エルミン

今回話題になったカードの一つ。

問題の焦点はテキストの内容「この特殊能力はコストとして宣言する。このキャラを破棄することができる。破棄したとき日日無を支払う。」というなかで「破棄することができる」の一文から「ある宣言のコストをエルミンの宣言で日日星の発生で満たそうとしてから、処理の段階でエルミンを破棄しないことにより意図的にその解決を失敗させることができるのではないか」という事。

この件に関しては「エルミンを破棄しなければコストは発生しないから不可能」回答を得ています。
というのも、エルミン自信を破棄せずに支払は成立しない、つまりコストを満たしていない時点で宣言は通らないということです。

※ここからはあくまで僕個人の推測なので間違いが生じているかも知れません。あくまで1説として捉えてください。


普通に考えれば、コスト宣言の時点でそのコストの発生が可能であることが証明できない限りその宣言は成立しないという点から「エルミンの能力宣言により日日星のコストの支払いが可能」であり、それ故に宣言が通ったうえで「エルミンを破棄しない」事を選ぶことで解決を失敗させられるかのように見えます。
しかし、そもそもエルミンの宣言は「日日星のコストの発生を予約する」するではなく「このキャラを破棄することで日日星のコスト発生を予約する」という考え方なのではないでしょうか。つまり、エルミンの能力で何かしらのコストを満たそうとしたとき既に破棄することは決められているのではないかという事です。

そうした場合、この裁定に関しては「何故『破棄することができる』を無視したような挙動になっているのか」という点と「処理の予約という概念がそもそもどういうことなのか」という点を除いては解決するのではと思います。

ここで、以前のベールのワンキルを振り返ると

ベールの能力宣言の提示

セリオ能力から支払いを行うことを予約する(支払うイベントのEXがいくつかは不明であり、故に未知数のコストの発生が予約される。先ほどの話を考慮すればこの時に手札のイベントの破棄が予約される。この時セリオの能力は対象を取っていないのでイベントがあることを明確にする必要性は無いものだと思われます。)

一時的な宣言の成立

セリオの能力にエポナの能力がトリガーし、セリオの能力は失敗(手札の破棄も行われない。)

ベールの能力の起動コストのうち相手のデッキ破棄は処理されるが残りのコストの支払いが成立していない為解決が失敗

という流れだったかと思います。

これは「指揮者(久遠寺森羅能力)から花鳥玲愛登場宣言」がエポナの存在によって指揮者の宣言が失敗し、それによりコストの支払いが満たせなくなった花鳥玲愛の登場宣言が失敗するという動きを考えればわかりやすいのではないでしょうか。

ここで、エルミンとエポナを並べることを考えると。
何かしらの宣言(A)の提示

エルミンの能力宣言(このキャラの破棄と日日星の支払いの予約)

一時的な宣言の成立

エルミンの宣言にエポナの能力がトリガーし解決が失敗

コストが足りないために元々の宣言Aの解決が失敗

となります。

その為、今回使おうとしたワンキルには5つ目のパーツ「エポナ」が必要になるのです。

(この議論はエポナのQ&Aの「コスト宣言は即座に解決」という内容に反している様にも見えるので正確ではない可能性があります)

この時点で何故このギミックが成立しないのかという点(貝塚信乃の能力がトリガーしない理由)の裁定が何の裁定なのかが未だ不明なのでまた後日。(相手の宣言する相手キャラの能力と自分の宣言する相手キャラの能力を区別するという説もありますが...。ちなみにボタンや狙撃などの自分が宣言する相手キャラの能力宣言に関しては例外的な処理を行うことがあるようです。狙撃Q&A)

という事を踏まえてレシピ
デッキレシピはこちら
このレシピ、感謝が何故か5枚になっていますが明らかにおかしいです(・_・;)
エポナ×2が不足しているので
「感謝×5」→「感謝×3、エポナ×2」
と読み替えてください。

それではまた

この記事についての意見、質問はできればtwitterアカウント @x_aska_xの方にリプをください。

レポ書くの忘れてました((ゝω・´★)てへぺろ

一週間遅れの更新ですよ、大丈夫か俺(´・ω・`)

今回はこのブログの面子から本戦出場は俺だけです(´・ω・`)

今回は通常構築のデッキの完成が間に合わなかったので8月単かゆず単の2択から8月単を使うことに

1回戦 葉単(draw)

とりあえず「エリア引かねぇヽ(`Д´)ノ」からスタート
初手もグダグダ(どうも自分の言うグダグダはほかから見るとそこそこいい初手してる様なのですが)

試合全体の流れをはっきりは覚えてないのですが敗因(drawした原因)はある程度はっきり覚えているのでそこだけ

というのもまずはフィアッカを使い切らなかったこと
ビーチバレーで相手の盤面をいじり続けた結果、相手は殴ることが出来ない状態まで持っていけたので二重人格(ムーンライト、エステル込)で間接打点を与えてもよかった説はあったかもしれない

もう一つはそれに関連して天使様を使うことを躊躇ったこと
これが一番大きくて、前のターンにフィアッカコンバージョンで天使様を使っていれば最後のターンにトラットリア宣言まで繋げれていたというのが大きな差になってしまった

あくまでも結果論から話していますがどうも自分のプレイングには躊躇う部分が多い

戦から引き分けるとか辛い

2回戦 みなと単(×)

この試合はいつもならやらない、絶対にやってはいけないプレミをやらかしてしまった

何でみなと単相手とわかってて見習いをコストに切ってんだよ

ホントコレが敗因といっても過言ではないくらいに酷い
勿論、返しにクリスマスナイトから展開され

更には君ある主従でひき殺され...

つらひお(^p^)


今回は2回戦ドロップという結果でfinal権利獲得ならず

また来年度も頑張りましょう


今更ながら大阪オフレポ

どうも「名前長いさん(」です。

というのも「隣でテューンのホイルを引かれた人」で登録したらこんな名前に

そんなことは置いといて...

使用デッキはハンド投げ捨てスタイルの日花です
デッキ解説はあとにして対戦レポを

1回戦(○)
不戦勝

2回戦(×)
VSなゆたさん(Alcot単)

終始押され気味ながらも一歩遅れた状態での互角勝負
勝負の決め手といえば最後の詰めで相手盤面に「浦部圭介(怪盗温羅)」が居る時に「おみやげ」の上にキャラ登場を宣言してしまったのが...

そのプレミで足りるハンドも足りなくなって詰め切れなかったのが悔やまれる

という言い訳を(そもそもドローで引くカードのEXにもよるから正直なところそこでプレミしてなくても負けていた可能性もあるわけで...

3回戦(○)
VSすぃるさん(宙単)

恐らく今回の試合の中で一番リセっぽいリセをしてた
ってぐらいに日花VS宙単の試合をしてた

(故にインパクトも無くほとんど覚えてないなんて言えない)

4回戦(○)
VSぽんさん(日単)

先攻アグレッシブパンチから同種対決という事実を知り驚愕
日単相手はGP1stだったか東京フェスタだったかでトラウマ...

というかまさか日メインのデッキが他にいるとも思ってなかった(限築と宙絡みが殆どだと思ってた)

5回戦(○)
VSアミバさん(宙雪)

この試合がある意味一番おもしろかった

相手先攻初手カルラ単騎パンチでかなりの痛手の上に後攻のハンドでドロソなし都古と観鈴(観鈴マップ)で応戦
今思うと観鈴はAFでもよかったとは思うのだが...

まぁ、はっきり言っちゃうと

お互いに初手事故

結局相手の盤面最後までは青子、橋の巨人、カルラのみ
こっちも除去を絡められた分殴り不足気味ではあったが最後の詰めが決まって勝利。


といった感じで

限築と殆ど当たってねぇ(・_・;)

ええ、サブマリンさせていただきました(

デッキレシピは関西勢リセブログ・第3回大阪オフレポートから確認できますのでそちらを

今回の日花は最初にも言ったようにハンドを投げ捨てるスタイルです

モデルは勿論、極力3コスト3/1/2スペックアグレパンチャーを中心に展開し
中盤は三田村茜、土岐遠カスミ、あーちゃん先輩(部長さん)でねじ込み
そのまま詰めるところまで詰めるといった感じです
ここで重要なのがドロソとペナルティードローの存在で、自分のデッキを削るデメリットを背負う反面、1ターンの間に大量の打点をねじ込む事をより現実的にする訳です

正直、そこまでしなくてもとは思うのですが、スピード感と固められた時の突破力のなさを考慮するとこっちの方がいいのかなと

構築面の反省点を挙げるなら

・まずおみやげが必要なのかどうかという点をもう一度考え直すこと
・ダンスパーティーの必要性の見直し
・傷心、ひき逃げの選択、枚数の調整
・仲内知由が必要かどうか(特に、初手では大いに活躍はするもののそれ以降は遭遇を入れていない分デメリットが目立ってしまう点が目立つ)

まぁ、限築に勝てる通常構築等のも今や限られてしまってはいますが、デッキを考えることが好きな自分にとってはやめられませんわな

それではまた

2ndレポ 【今更】

でたーwww
今更GP2ndのレポ書く奴ーーーwwwww


という訳でさくっと終わらせましょう

使用デッキは花t日グッディーズ

デッキレシピはこちら

1回戦×
VSみなと単

先攻取れたよ!やったね!
けどエリアは無いよ!頑張って引いてね(


からのゲームエンド


2回戦×
VS花単グッディーズ

ミラーめんどくせぇ...
先攻取っても同名キャラしかひかないし盤面展開捗らない
しかも相手は対ミラー用に美化委員会用意してあるじゃないですかー(

こちらも耳年増あーちゃんで相手のグッディーズをメタれてたのでなかなか試合が進まない...
互いににらみ合った結果、時間ギリギリで決着が付きそうにもなく結局試合投げてドロップ



あとはバトラで遊ぶことに


ぶっちゃけバトラで使ったゆず単の方が強(



ちなみに、JSP2.0でどみる入るんでこれは俺の出番きますね(フラグ
プロフィール

管理人

Author:管理人
主に名古屋で活動するリセラーのブログ。
以下書いている人たち
沙夜
アスカ
ナガラ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
訪問者数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。